本当に子供のことを考えて教員になりたかったわけではなく、世間体やお金のため、親に言われて仕方なくという教員が最近多く、決まって全くやる気が見られない。迷惑きわまりない。あなた方は、教育者であり、子供の未来を潰しに来たわけではない。よい方向に導いてやれなければ、教員とも教育者とも到底言うことはできない。

コメントする