娘さんにタイツを履かせて通学させたら「タイツは禁止」として注意されたというお母様のツイートが話題です。

12月に入り寒くなってきましたから、防寒対策には気をつけないと風邪やインフルエンザにかかってしまいます。それなのに…。

古くから「頭寒足熱」という言葉があるように、頭部は冷やし、脚は温めるのが健康によいとされています。「足が暖かいと~」というのは根拠がまったくありません。

服装の規定に関しては必要性は理解できます。だらしない格好はみっともないですし、服飾品にお金をかけるようになって子供同士で競争するようになってしまっては親御さんも大変でしょう。しかしコートやタイツ、マフラーなど体を守るための「防具」は認められるべきです。

タイツ程度が禁止ということであれば、その学校は服装に関してもっと様々な規則があるであろうことは容易に想像できます。
つまらないルールで体調を崩したりしないように学校には配慮してほしいものです。

近年、制服のモデルチェンジが流行りで、女子の制服でスカートかスラックスが選べる中学校が増えています。しかし、残念なことに、もともとスカートにタイツの組み合わせが可能だった中学校で、スラックス導入と交換条件でタイツ禁止に転じる事例が見受けられます。おかしな交換条件だと思います。

匿名 さんより

10年以上前だけど高校がタイツ禁止だった
生徒手帳にはベージュのみとは書いてあったが、当時衣料品店に行ってもベージュのタイツは少なく、ほとんどストッキングだった(学校用にと店側が置いているのは黒のタイツ)
黒無地のタイツを着用していた他の生徒が、教師から靴下に穿き替えろと廊下で怒られていた

匿名 さんより

では女性の教師も足が暖かいと教えるときに集中できないのでスカートでタイツ禁止にしてもらえばいいですね。

匿名 さんより

うちの近所にもそういう学校あるのか寒い日に
短い靴下で歩いてる女子生徒を見かけます。

匿名 さんより

コメントする