高校時代、授業中に飲み物を飲むことを禁止されていました。私たちのクラスは全員学校のプログラムで長期留学から帰国した生徒であったこともあり「こんな校則を使ってるのは日本だけ。授業中に飲み物を飲むことの何がそんなに悪いのか。」とクラスで学校側に抗議しましたが、「外国は外国、日本は日本。自分たちの得た価値観を押し付けるんじゃない。」と逆にものすごく怒られました。いまだに、授業中に飲み物を飲んではいけない理由がわかりません。

授業中に飲み物を飲んではいけないと言うのは本当に理不尽ですよね。
海外のいいところは日本も取り入れるべきだし、むしろ今の時代、国際化も進み島国である日本も多くの価値観を取り入れるべきでしょう。(日本は日本に拘っているとしても、時代の流れで今は取り入れていくようなるべきなのに教師の特に50代、60代では昭和な考えをお持ちの先生が多いですよね。)
そもそも外国がしていても日本がダメ、という以前の話で、喉が乾いたら飲み物を飲む。というのは体の健康に関わるものですし、それで熱中症になったら学校はどう責任を取れるのか?というところですよね。
生徒のためを思っているのか、ものすごく疑問に思い、悲しくなります。
自分のが学校もみんなが飲んでいないから怖がって飲んでないように思えます。暑くなってきて、自分は特にスポーツをやっていて飲み物を飲まないといけないので、そのような理不尽な校則は大反対です。
みなさんの意見が通りますように🙏
頑張りましょう。

高校生ニ女子 さんより

様々な価値観のいいこと取りすることがより良い学校作りにつながると思います。自分の学校は以前海外にいた帰国子女がいますがその人たちに厳しい校則を押し付けることはありません。海外に長期留学していた生徒に厳しい校則を押し付けるのは本当にひどい学校だと思います。

匿名 さんより

コメントする