不登校の原因を知ろうとしたり、不登校の友達を心配したり、不登校の実態を保護者に言ったり、不登校の「ふ」の字を発した時点で教師のスイッチが入り、その生徒は不登校にされ、消されてしまう(った)。

今考えたら、ヒステリックな女性教師は、パワハラで生徒を萎縮させていた。教師は絶対だと押さえ付けていたのは、生徒の心に傷を負わせ続けていた。不登校になってしまう心を作り上げていた。

匿名 さんより

全国的に不登校問題はありますが、この地域のこの学校はヤバそうですね

匿名 さんより

どこの地域の学校のことですか?

匿名 さんより

先生って、間違いもあるし、小さいときそんな賢くなかった人もいるし、スポーツ万能なわけでもないし、コミュニケーション力が特段あるわけでもないし、全てが全て性格がいいわけでもないし、むしろ性格の悪い人もいるし、何が優れているのかわからない人もいる中で、学校の中だけ偉そうにして何様なんだろうと思う。不登校にさせるまで、何してるんだろうな。

匿名 さんより

あからさまにキツいこと言う女性もいれば、男性でも陰で、ジワジワ虐げてくる陰湿な教員もいますよね 全員がそれに鈍感な態度であると思わない方が自殺者とかを救えるのではないでしょうか

匿名 さんより

その女の教師の方が、不登校をうみ出してしまっているのは、罪深いことだと思います。気付いていないのなら、また生み出し続けると思います。

匿名 さんより

教師の感情がないんじゃないですか。

匿名 さんより

横浜創英を見習いたい。この学校の教育が日本の常識になれば、必ずや日本はよくなる。

匿名 さんより

堂々と裁判を起こしても勝てる自信はあります。

匿名 さんより

日本の学校教育が生み出した不要の副産物が必然的に生み出したのが不登校だとするなら、今の学校教育を根底から変えないと幾多の輝石の原石となる生徒を潰していく。日本の国力のためにも、変わらない日本の教育に辟易する。

匿名 さんより

人として(絶句)、、

匿名 さんより

下の方、その女性教師は個人情報だからと、ごまかしていたのですね。

匿名 さんより

言い訳、ごまかしはもう沢山。

匿名 さんより

自分に非があるから隠蔽するんじゃないですか。

匿名 さんより

恨まれるような先生はダメだと思う

匿名 さんより

入学する時に、不登校が多いとすごく不安です。なぜか、理由を知りたいです。

匿名 さんより

かわいそうすぎる。

匿名 さんより

不登校の相談をしたら、「個人情報だから」「一人一人違うので」とか言って、そんな他人のこと聞くつもり一切なかったのに、責められるような発言をされた。自分が生徒を不登校にしてしまう張本人の教師だということは棚にあげて、不登校の原因を言い訳したり隠蔽をしたりしていた。だって、「私がいじめてます、心当たりあります。」なんて言えませんもんね。

匿名 さんより

不登校になったり、不登校で自殺してしまったとしても、それが加害者や学校の責任だったとしても、親が「うちの子が悪いんです」「うちの子が弱いからなんです」と本心でなくとも言ってしまったり、言わされたりしたら「そうですか、仕方なかったですね」で済まされるんです。それで解決となっている事例が沢山あります。親は、自分の子を守れずに被害者なのに加害者を守ってしまっているんです。加害者側は、誰も自分のせいで不登校になった、亡くなったと責められたくないんです。責められることをしておいて、自己弁解したり、正当化したりして逃げるんです。同じような事例なのに、被害者や加害者の意識、両者の親の意識、学校の意識、またその場での対応や事後対応の仕方によって180°結果が変わるという仕組み自体がそもそもおかしいんです。

匿名 さんより

不登校って悪いことじゃないのに、原因を隠そうとするから、余計に解決しないのだと思う。何か誰かに原因があるなら、それを反省して、二度としないで、それでいいだけなのに。

匿名 さんより

慰謝料で解決する問題じゃない。心や状態は戻らない。現状回復できないなら、お金なんていらない。しかし、お金でしか解決できない法の壁を突き破る解決法を考えてみたい。命は戻らない。傷付いた心も戻るのに時間がかかる。加害者に何か罰を与えたところで、戻らない、返らないものがある。そのような加害者と出会ってしまったことの不遇を憂い、悶えることしかできないのが、実にやりきれない。

匿名 さんより

懲罰と自殺の因果関係は、現段階においては、法的にも積極的ではないという見解よりです。中学を卒業し、教師によるいじめがなくなってからは、うつを初めとする精神的損害やそれによる身体的疾患がよくなったという事例はよくあることだと思います。そこまで追い詰めて、自殺してしまえと教師が思っていたとしたら、因果関係が成立する蓋然性が著しく大きいという判断もできます。他人の心など読めません。しかし、ここまであらゆる損害が出たということは、相当なる故意の加害行為が認められると思います。明らかなる不法行為は、民法709条の損害賠償責任に当たるのですが、そ知らぬ顔で教師を続けていることに、今でも胸がざわつきます。

匿名 さんより

政治家が学校をよくするのか、違う。
今、これを読んでいる、そこの教員の意識の問題。あなたの意識の問題です。

匿名 さんより

機能不全家族が原因で不登校が起こるとはよく言われたものですが、機能不全学級、機能不全学校が原因でした。その根源は、教師という人間自身の機能不全でした。このようなことは、閉鎖空間では隠蔽されますが、隠蔽するということは真実なのです。真実が隠された状態では、不登校はなくなりません。

匿名 さんより

闇。。。

匿名 さんより

コロナや戦争、異常気象などで多くの命が失われましたが、不登校によって失なわれた命も、またひとつの大切な命です。原因は違いますが、皆、生きるために産まれてきた命です。本来は寿命を全うできたはずの命を、人為的に奪ってしまうことの罪の重さを今一度、私たちは考えなくてはいけないのだと思います。

匿名 さんより

あんまり真に受けて、大切な命とか落とすなんて、バカみたいっていう思考にならないと、痛い目に合うだけ、いいように利用されるだけだよ。その教師の異常気質やストレス、社会不適合に付き合わされてるだけだと気付かないと。教師も、学校では真面にやってるかもしれないけど、いや端々にこういう異常さは見えるが、プライベートで何やってるかわからないし、あなた方生徒さんの方が品行方正でよっぽど真面目な思考と生活を送っていると思うよ。騙されたらだめ、気持ちをしっかり持たないと。表に出ている世界が全てじゃないんだよ。裏の顔を知らないだけで、それを知ったら校則守らせる表の顔との違いに愕然とし、バカらしくなるか怒りの感情が沸き起こるかもしれないけど。あんまり、悩むな、命を大切にしてほしい。

匿名 さんより

例えば一人一人話してみればいい先生だとかいうことはあります。学校や組織、社会の仕組みが悪いから、先生のせいにしてはいけないと言われることもあります。例外的に逆のパターンもあって、一個人の問題という場合、原因が見えにくく気付かれないことがあります。まして閉鎖空間の中で、隠蔽をはかっていることもあります。たちが悪いのは、「あなたが悪い」と思わせる一種の洗脳のようなことをし、まだ善悪がわからず打算もできない子供は言われるがままに、自分が悪いのだと思い込んでしまうことです。外に向かって表現できない子供は、誰とも話さなくなり、誰も責めることはせず、自分を究極にまで追い詰め、自分で解決しようとします。そうして最悪、自傷や自死を選択するしかなくなるのです。真面目な子ほどこの傾向が強く、またこのような繊細でいじめやすそうな子に対して、面白がって攻撃してくる先生がいることを知ることから始めなければ、何も変わりません。あり得ない現実だと思いたいですが、実際に存在しているのです。不登校の原因を考える際、顕在的なデータには現れない隠れた一因があることを知るだけでも、社会は変わっていくのではという気がします。

匿名 さんより

自己肯定感が高いのにも関わらず、不登校にされてしまったのは、エグいひいきがあったのだと思う。

匿名 さんより

先生がエグいひいきをしているんだと思う。見せつけるようにひいきをして、「お前は、学校に来なくていい、消えろ」みたいなオーラや圧力をかけ続けた結果、精神が疲弊していったのではないかと感じる。親からも祖父母からも大切にされ、愛されてきたじここうていかん

匿名 さんより

線香を上げに来てもらっていたら、魂は、ずっと苦しみ続けたと思うので、あえて密葬にされたと聞きました。生まれ変わったら、不登校の子を救いたいけど、救ったら何度命があっても足りないよと言って、亡くなりました。

匿名 さんより

亡くなってしまったお子さんのご冥福を祈ります。きっと、あの世では楽しく笑って過ごしてくれていると願いましょう。

匿名 さんより

サイコパス的人格者というのは、犯罪者や触法者以外にも、世の中に一定数存在します。身近な人がそうだという例も良く聞きます。経営者や医者、警察官など統計としての割合が多いという客観的事実があります。ある時には感情と切り離して行動を強いられることに抵抗を感じないからだそうです。良心の呵責がなく、罪悪感や情緒的共感に欠けるというサイコパス的人格者は、世の中のためになっている人もいれば、その特徴を利用して善人を陥れることに快感を感じている人もいるのです。
人の痛み、苦しみ、悲しみが理解できない教師に操作され、不登校に追いやられても、口が上手いため、上司に嘘をついて取り繕い、自分とは一切関係ない、本人の問題だと、何事もなかったようにふるまっているところは、サイコパス的な特徴であり、恐怖でしかないでしょう。
距離を置いて、関わってはいけなかったのでしょうが、衝動的な性格のゆえ、巻き込まれてしまったのは不運としか言いようがないですが、運の問題ではなく、本来はその教師の問題なので、周囲も気付いてあげるべきでした。

匿名 さんより

学級、学年全体に対して厳しく叱責してくれる教師は有り難く感謝しているけれど、個人をターゲットにし、執拗に、精神を追い詰めて抹消、抹殺しようと考える教師のサイコパス的な思想がすごく怖くて怖くて、逃げるしかありませんでした。本当は学校が好きで、友達も沢山いたのに、ある日から、じんましん、嘔吐、過呼吸、貧血、若年性白髪、耳鳴り、頭痛、歯痛、歯ぎしり、神経痛、不眠障害、起立性障害、パニック障害、過敏性腸症候群、対人恐怖症、うつ病を発症し、本当に命の危機を感じて、自傷行為を何度もしました。二次被害、甘くみてはいけません。怖いです。

匿名 さんより

疚しいこと、後ろめたいこと、隠蔽していることがないと、こんな非道には出ないのではないか。

匿名 さんより

このような二次被害の認知件数は低いと思います。NPO法人さんや草の根で活動しているボランティアさんだけでなく、行政がしっかりと細部まで起こっている現実を把握して動いていただきたいです。

匿名 さんより

仲の良かった友達が次々に、不登校になってしまったことを心配していると相談したら、次の日から教師の態度が変わって、その子がターゲットにされて結局亡くなりました。

匿名 さんより

心優しい子が傷ついて、消されて、亡くなってしまったなんて、悲しすぎます。おかしいです。

匿名 さんより

コメントする