15年ほど前の話です。

朝登校したら体操服に着替え、1日それで過ごす規則がありました。
長袖はあるが下は短パンしかなく、冬は普通に寒かったです。(教室に空調は無し)
上着を着ても良いが、下は全員短パンでした。 体育以外の授業でも体操服というのがよく分からなかったです。
しかも教室内の換気の為、真冬でも窓は少し開けていました。 教室に温度計があったのですが、一番寒い日で10℃以下になっていたこともありました。

絶対守らないとダメ、というわけでも無かったのですが、みんな体操服の中一人だけ私服というのも目立つし… なので結局寒いのを我慢しながら過ごしてました。
それなりに楽しく過ごしてましたが、毎年冬が来るのが憂鬱で。。。 とにかく授業中寒いんですよね。

今はどうなのか知りませんが、当時を思い返すとあれはブラック校則だったなと。

コメントする