私が1980年代に通っていました中学校の校則では、自転車専用ヘルメットを自転車通学の生徒に着用を義務化されていました。私は徒歩通学だつたので、着用する事はなかったです.私は、高校に進学して自転車通学になりましたが、自転車通学専用ヘルメットの着用義務の校則は、ありませんでした。中学校の校則のみの厳しい自転車通学専用ヘルメット着用義務は、ブラック校則だつたと思いますね!

確かに指定品の重くて高価なヘルメットを購入させる事には疑問ですが、白い下着指定や下着やタイツの着用を禁ずるなどの危険な校則、又は教員の校則に対する原理主義的な思想は地域全体が一丸となって止めさせなくてはいけない反面、ヘルメットの着用と自転車保険加入は小中高の校則に安全第一の為に新たに交通安全教室への参加の義務付け等と共に追加しても良いと思います。
ヘルメットは将来二輪車やロードバイクに乗りたい人は幼稚園や小学生の時から着用して慣れておく方が絶対に損はしません。
交通安全の為のヘルメット着用はブラック校則とは言えないと考えますが、頭のサイズ等の問題もありますので1種類しかない指定品のヘルメットを購入させる事ブラックだと思います。

匿名 さんより

コメントする