コート類、マフラー、手袋が禁止で真冬の通学がつらいです。制服の上に何かを羽織りたいと申し出たら、下着やセーターで調節してほしいと言われました。セーターにも規制があって、制服のからはみ出さないもねしか認められません。女子はスカートだと足もとが寒いですが、タイツの着用も認められてません。タイツを着用したいと申し出たら、ハイソックスで我慢してほしいと言われました。そのハイソックも異装届の提出が必要でなかなか認められません。寒いという理由でタイツを認めたら、スカートを短くしたり、中学生らしくない格好をするから認めないそうです。スカートを短くする生徒は少ないかもしれないけど、少なくてもスカートを短くするためにタイツを履く生徒は必ずいて、そういう所から学校が無茶苦茶になるそうです。そもそも、制服を正しく着用する真面目な生徒は、制服を着ても寒いのは我慢して、コートやタイツを着たがらないとも言われました。コートやタイツを着たがるのが不真面目とは言わないが、不真面目な生徒ほど、コートやタイツを着たがるそうです。先生の言うことは分かりますが、少数の服装が乱れている生徒のせいで、普通の生徒もコートやタイツを着ることができないやり方はブラックすぎると思います。

それなら先生も真冬に半ズボンですごしてほしいですね。

匿名 さんより

コメントする